忍者ブログ
World Sailing Regatta News From Siesta Sailing Team
[93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83
Posted by - 2017.08.20,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by wataru - 2010.09.17,Fri
2010年9月16日

Chicago Match Race Center



センターは大型船です。

レースの際は沖にでて観戦ができます。トイレ、ロッカー、バーカウンターを備えており快適そうです。普段は2階にスピンなどセールが干してあります。






今日は長い一日でした。

朝からマリーナに行き午前中からセーリング開始。昨日とは風向が異なり、陸風のシフティーなコンディションでクルーワークを確認。出艇したときは15knot前後の風でしたが、昼ごろには20knot近くまであがりサバイバルコンディションに。

昼食の為着艇すると、センターのジョッシュさんから「夕方5時からチームレースのトレーニングを行うけど参加するか?」との誘いにYESと答え
終日セーリングをすることになりました。


午後からも出艇しますが風はさらに上がっており、メインセールをリーフして出艇。時間か経過するにつれ3時ごろには25knotオーバーの暴力的なコンディションになってきたため、練習を終えることに。


練習の感想としては、TOM28のボート性能が高く帆走スピードが速いためあっという間にマークに到達しています。そのため、クルーワークのタイミングがずれています。


デッキレイアウトは、とても使いやすくスピンネーカーはバウのオープンスペースにショックコードで挟むだけです。

TOM28

※大波をかぶるとデッキ上は水浸しです。



暴力的なコンディション

※風向が変わり、返し波で海面は大荒れでした。




夕方5時前に我々含め12人集まり、強風なので中止になるのかと思っていましたが、2on2のチームレースを行うことに。

TOM28に3人乗り、スピン無し、メインセールをリーフした状態で練習開始です。コンディションは15knotぐらいでした。


ルールは至ってシンプルで、最後のフィニッシュを取ったチームが負けとなります。(4艇なので、4位のチームが負け)


イエローチームのスキッパーは筆者とジミー。
ジミーはNZのWAKA Racingに所属しており、アメリカのツアーを回り、今はシカゴに滞在中のようです。

黄色のTシャツで解りやすいです。

筆者と吉藤。



ブルーチームは、ビルとオースティン。
ビルは、センターのオーガナイザー。オースティンはセンターの従業員。
岡本トリマーはオースティン艇に乗り込みました。



5時40分頃から7時までみっちりチームレースを行いましたが、経験の浅い筆者は足を引っ張りました・・・。

岡本トリマーは言葉の壁も乗り越え、オースティンに褒められたようです。



岡本が乗り込む、オースティン艇。
メインセールだけでサーフィングします。



夜7時。シカゴの街の明かりが綺麗でした。


明日もクルーワーク中心の練習を行い、夕方5時からはマッチレースのトレーニングを行うので参加します。




PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/02 murasaki]
[09/22 murasaki]
[11/23 Atsuyobad]
プロフィール
HN:
wataru
年齢:
37
性別:
非公開
誕生日:
1979/08/23
自己紹介:
8歳からセーリングを始める。
2007年周りの影響から突然ブログを作成する。
ブログ内検索
最古記事
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]